こんにちは。行政書士試験対策専門スクール ステップアップファースト 代表の清水一嵩です。

 

行政書士通信講座(個別指導)の受講者から、次のような質問をいただきました。

「行政手続法2条4号イの「事実上の行為」について、具体的に説明していただけないでしょうか。」

 

そこで、今回は「事実上の行為」について解説していきます。

 

行政手続法2条4号イの「事実上の行為」は、事実行為のことです。

事実行為は「行政がする、国民の権利や義務が動かない行為」です。

事実行為の例としては、行政指導や即時強制があります。

 

警察官がする「職務質問」は行政指導のひとつです。

たとえば、Aさんが警察官から職務質問を受けても、Aさんの権利や義務は動きません。

(不快な気分にはなるかもしれませんが)

 

厳密には違いますが、行政書士試験では「事実行為≒行政指導」とイメージしておけばOKです。

 

これと対になるのが、権利や義務が動く行為(行政行為)です。

行政行為の例としては、処分があります。

たとえば、Aさんが保健所からラーメン屋の営業許可処分を受けると、Aさんに「ラーメン屋を営業する権利」が追加されるので、Aさんの権利が動いています。

 

「事実行為は、行政がする、国民の権利や義務が動かない行為で、警察官がする職務質問などの行政指導や即時強制のこと」とおさえておけばOKです。

 

今回は、事実上の行為についてお話をさせていただきました。

いつも本ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

 

ステップアップファーストは、行政書士試験に合格するために、受講者一人ひとりに合わせたオーダーメイドの試験対策を行う「個別指導」にこだわった行政書士試験対策専門スクールとして、10年間で多数の合格者を送り出してきました。

 

ステップアップファーストの行政書士試験対策講座はすべて個別指導です。

通学講座はもちろん、通信講座でも個別に指導を受けられます。

通学講座は、山梨県外からの受講も大歓迎です。通信講座は全国対応しています。

≫「行政書士試験に合格するために何をどう勉強すればいいのか迷っている」という方へ。行政書士通信講座(個別指導)のご案内